在日朝鮮学生美術展 山陰

header全国朝鮮学校生徒たちの美術作品展を山陰で毎年開催しています。
次回46回学美山陰展は2018年2月、松江市で開催します#学美 山陰

KC4D0005 ポスター、チラシが刷り上がったので、後援団体・島根県東部地区の学校・各施設 計600箇所への配送作業をしました。

■島根県立松江南高等学校放送部の取材を受けました。
「学美」をテーマに2月の美術展も取材に入りテレビドキュメント部門に出品する予定だそうでKC4D0007す。作業の様子をカメラに撮り、参加者もインタビューを受けました。
 準備作業から展示会の最後までの密着ドキュメンタリーです。
 乞うご期待!!!
島根県立松江南高等学校放送部
KC4D0010
■「クラウドファンディング」成立しました。
「学美松江展」の資金調達と広報の意味を込めて「クラウドファンディング」に挑戦して見事成立しました。
本当の姿を知ってほしい。朝鮮学校の美術展を松江で開催します!」
支援、応援してくれた皆様に心からお礼を申し上げます。

■第三回実行委員会は1月20日(土)です。
会場:松江市民活動センター(スティックビル)401研修室
時間:15:00~

■ボランティア募集
KC4D0009 1月31日昼からのの設営作業、2月4日夕方からの片付け作業に人手が足りません。飛び入り大歓迎です。
横の写真は見かねて一緒に作業する南高生です。
 ボランティア参加よろしくお願いします。

 

KC4D001410月14日(土)第一回実行委員会を開きました。
 
■今回の世話役さんです。
  代表世話役 渡部通恵さん
     世話役 杉谷 肇さん
          櫃田 勉さん
          芦原やすえさん
          中尾隆義さん  
  新しい人脈で、たくさんの方に働きかけたいと思います。
      
■名義後援について
 美郷町、同教育委員会の承諾が昨日電話で承諾をいただきました。
 KC4D0015米子市も来てました。全88団体となりました。(PDF

■広報活動について
 11月中旬から資金調達と広報を兼ねて、クラウドファンディングを始まる予定です。 「Readyfor」 
 始まったらリレーメッセージ等ご協力お願いします。

■北海道作品輸送料について
  次会場(北海道)への作品輸送料は松江展負担です。
 北海道航空便で72,360円の見積もりが来ました、安くてビックリ!
佐川急便です。 

■鳥取県教育委員会の対応について
 過去10年間、鳥取県教育委員会の後援をいただけませんでした。
 不承認理由は「申請のあった事業が民族教育の理解を目的とした事業なので鳥取県教育委員会の後援名義の使用にはなじまない。」です。民族教育を否定するこの言葉は看過できません。 今回はネット公表し対応しようと考えています。 後日報告します。

■今後の予定
◯11月初旬ポスター、チラシ発注予定
◯12月16日(土)11時よりポスター、チラシの配送作業 600箇所 懇親会あり
◯1月31日(水)島根県立美術館にて設営準備
◯2月1日(木)~4日(日)第46回学美松江展
◯2月4日17時~20時 片付け作業

■ボランティア募集
 ポスター、チラシの配送作業と設営・片付け作業に人手が足りません。飛び入り大歓迎です。
ボランティア参加よろしくお願いします。

9月2日(土)に後援依頼の配送作業を行いました。島根県、鳥取県下で約90団体に送ります。 第43回出雲展の名義後援団体一覧表
KC4D0193KC4D0192KC4D0194

今後の「大まかな工程表」が決まりました。

17/10/14 (土)    第1回実行委員会 10:00~   
    11/17 (金)    ポスター・チラシ発注   
    12/02 (土)    ポスター・チラシ出来上がり   
    12/16 (土)    第2回実行委員会 ポスター・チラシ配送作業 11:00~ 懇親会
18/01/21 (日)    映画「60万回のトライ」松江上映会   
    01/20 (土)    第3回実行委員会
    01/31 (水)    作品搬入、設営    懇親会
    02/01(木)    松江展開催
 ~02/04 (日)    松江展閉会 荷造り、北海道展へ輸送

事前打合せが終わるとこれです。 これが原動力です、たぶん。
KC4D0196KC4D0197



131KC4D0007KC4D0009

 中央審査会は8月19日(土)~24日(木)、朝鮮大学校にて開催されましたが、そのうち初めの2.5日間おじゃましました。 左から「正門」、中は「校舎」、58年も経過しているとは思えないほどシンプルで古さを感じさせない風情です。当時、有名な日本人の建築家が設計し、用地の取得も理解ある日本人の協力があったそうです。左は「講堂?」ここの階段は当時の生徒たちが総出で創り上げたそうです。微妙に波打っているリズムが心地よい。共に歴史遺産になっています。 創立60周年を迎える朝鮮学校(朝鮮学校のある風景)

KC4D0036KC4D0128KC4D0135
 審査風景です。ノミネートされた作品を真剣に評価しています。論議のあと挙手で選定します。 ふるい落とすのではなく、作品の中の感性を拾い上げる作業のように感じました。

KC4D0136KC4D0033KC4D0164
 先生たちが「一押し」の作品の良さをみんなの前で「プレゼン」する審査方法や、ビーズによる投票方式もありますが、毎年少しずつ審査方法が変わるそうです。

KC4D0011KC4D0172KC4D0173
 審査会場は学生食堂の2階で行われます。昼食は学食でいただきました。お茶は豪快に柄杓(ひしゃく)でどんぶりにそそぎます。今日の献立は「ビビンバ」でしたが写真を撮るのを忘れるほど「宝石の玉手箱や~」でした。

KC4D0014KC4D0061KC4D0115
 審査と同時進行で全国の作品をひたすらデータベース化する作業があります。作品の学校、学年、生徒名、題名、キャプチャー作成、各作品を写真に撮り、作品の台紙作成、輸送用の梱包作業、梱包用の写真、・・・いろいろ。審査もこちらの裏方作業にも頭が下がります。

KC4D0147KC4D0149KC4D0148

KC4D0145KC4D0146KC4D0153
 だからはじけます。朝の9時から夜の10時まで審査をして、それから懇親会です。審査も、夜の会もハードです。 ここでも声を大にして熱く語り、みんなの生きる姿勢をさらけ出し、また明日の審査の原動力になっているらしい。 恐るべし「学美」。

44980593_n


会 場:島根県立美術館 ギャラリー3部屋全室
日 程:2018年2月1日(木)~4日(日)

希望期間に3団体が重複し抽選となり、福娘の安部さんが見事引き当てました。褒めてやってください。
45回鳥取展も早来月開催となりました。 ご協力お願いします。
(この記事は2017年1月11日です)

top2

このページのトップヘ